[携帯モード] [URL送信]

しろの小説(短編)
【土銀】モノクロロール【替え歌】※原曲…ボカロの『モザ/イクロ/ール』

とある言葉が
心<ムネ>に突き刺さり
傷口から漏れ出す液を
「愛」と形容してみた


思いやりの欠如と
成り行きの交尾は
腐れ縁のお前と俺によく似ている
「それでも好き…。」
なんてな(笑)。


愛したっていいじゃねぇか
縛り 誰も 触れないよう
これも運命じゃねぇか
消える 消える とある愛世



終わる頃には
テメーに飽いてるぜ
愛か欲か分からず
放つことは何としようか


思いやりの欠如と
成り行きの交尾は
腐れ縁のお前と俺によく似ている
それでもいいから…。



愛したっていうのかよ?
しがみついて藻掻くことを
いなくたっていいじゃねぇか
オメーが嫌う俺なんて


愛したっていいじゃねぇか
縛り 誰も 触れないよう
これも運命じゃねぇか
出会い 魅かれる とある愛世



原曲…『モザ/イクロ/ール』


[*back][next#]

24/28ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!