[携帯モード] [URL送信]

しろの小説(短編)
【高銀】結婚とは勘違いを一生し続けることだ(後日談)【即興文】

「よォ銀時ィ、邪魔するぜ」

「なっ、高杉!?てめぇ何しに来やがった!?」

「つれねェじゃねぇか、銀時ィ。会いたくなったから来た、それだけだ。ところで、面白ぇモンがあるじゃねェか」

「あァ?あー、持って帰れつったのにアイツ置いていきやがって…」

「ほォ?」

「アイツって誰だ?テメーにこういう趣味があったとは知らなかったぜ?」

「はァ?何言ってんの?一方的に押し掛けられただけだからねコレ」

「それで済し崩しにヤらせたとか言うんじゃねェだろうな?」

「いやいやいや、女相手に『ヤられる』とかないわ。…って……、あの…晋ちゃん?なんでロープ持ってんの?」

「好きなんだろ?こういうのがよォ?」

「んなワケねーだろ!!ちょ、離せッ、高杉っ!!オイッ!!」

「クク、せっかく道具が揃ってんだ。たっぷり可愛がってやるよ」

「テメーは人の話を聞けェェェェェ!!」


[*back][next#]

22/28ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!