[携帯モード] [URL送信]

しろの小説(短編)
【土銀】marshmallow

「つい最近なんだけどよ」

「唐突だな」

「毎回出だしとか考えてられっかよ、めんどくせーんだよ。作者の表現のバリエーションの少なさなめんなっ!!」

「お前誰だよっ!!」

「はァ?何言ってんの?いついかなる時でも俺ァみんなの銀サンだっての。それより本題に戻るぞ。この間、いちごオ・レ買うのにコンビニに寄ったんだが、ちょっと目新しいモンみつけてよォ、コレなんだけど」

「『ふわふわ和風マシュマロ つぶあん』。………いや、コレはないだろ…」

「マシュマロにあずき。いちご牛乳にあんこ投入するぐらい斬新且つおもしれェ発想じゃねーか」

「甘いもの同士なんでも掛け合わせればいいってモンでもないだろーが」

「おっと、迂闊に俺がこよなく愛してやまない甘味を侮辱するような発言だけはしてくれるなよ?んなことしたら杏仁豆腐の角に頭ぶつけて死ぬぜ?オメー」

「……普通の豆腐じゃダメなのか?。そもそも杏仁豆腐に角があるイメージがいまいちねェんだが…」

「ツッこむトコそこなの?まぁいいや、こまけェことは言いっこ無しだぜ。とりあえず食ってみるか?」

「いや…俺は遠慮しとくわ。甘いモン食うより、甘いモン食って幸せそうな顔してるお前見てる方が合ってるしよ。それに…『白くてふわふわで甘くて幸せのかたまり』なら俺の目の前にいるしな」

「なっ…!! ば、バッカ言ってんじゃねェよっ。 そんなこと言って銀サンをそう簡単に食べれると思うなよな」

「そうか、そりゃあ残念だ」

「全然残念そうな顔に見えないんですけど。つか、ドコ触ってんだ!?このスケベ!!」

「テメーがその気になるようにしてやろうと思ってな」

「ぅ……」

「銀時」

「…あほ土方。まかり間違って、甘いモン以上にテメーに依存しちまったらどうしてくれんだコノヤロー。俺、束縛するタイプだからっ!知らねェぞどうなっても」

「フッ、上等だ。全部受けとめてやらァ。むしろ依存しちまえよ。俺の事しか見えなくなるぐれぇによ」


[*back][next#]

13/28ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!