[携帯モード] [URL送信]

【銀魂3Z】頂点!!! 第3戦
夏風邪
貴「……頭いてぇ…」









屋上

沖「鬼瓦さんおはようございまさァ」

貴「…あぁ」

沖「どうかしやしたか?」

貴「いや、どうも調子が良くないみたいでな…」

沖「夏風邪ですかィ?」

貴「さァな…」

新「おはようございます!……どうしたんですか?」

沖「鬼瓦さんが夏風邪でさァ」

貴「いや、わかんねぇって言ったろ」

新「夏風邪ですか!?拗らせたら大変ですよ!一旦保健室行きましょう!」

貴「こいつら俺の話全然聞こえてねぇわ」









保健室

月「めずらしいな、ぬしがここに来るなんて」

貴「そうか?」

沖「夏風邪らしいんでさァ」

貴「…もういいやそう言うことにしよう」

月「夏風邪か…ぬし、しっかりご飯食べているか?随分細いようじゃが?」

貴「うっせーな、食ってるよ!」

新「細いですよね…」

沖「そんな細い体のどこにあんな力があるんですかィ?」

貴「男に向かって細いとかいうな!」

月「まァいい、とりあえず寝ておけ」

貴「…あぁ」









_「誰にも屈さない強い意志を…」_

_「……逆らうやつはみな半殺しだ」_

貴「(パチッ………嫌な夢見た…」

月「そうか、随分うなされるようじゃったからどうしたものかと」

貴「聞いてたのか…」

月「どんな夢じゃった?」

貴「……覚えてねぇ」









鬼瓦家

部下1「頭ァ!!お頭ァッ!!」

父「なんだ?」

部下1「天羽組の連中からこれが!!」

父「これは……まずいことになったな…」

部下2「鬼瓦組の勢力を総動員させた方がいいかと!」

父「そうだな……手配しろ!抗争になるぞ」

部下1「へい!!(ダッダッダッダッダッ」









保健室

貴「なんか、嫌な予感がするな…」

月「死ぬのか?」

貴「てめぇ、それでも養護教諭か?……ちげぇよ、なんか嫌な予感がするだけだ」

ガラッ

沖「具合はどうですかィ?」

高「ほせぇからすぐ体調崩すんだろ」

貴「平気だ………ほせぇほせぇうるせーよ」

土「まだ顔色は若干悪いな」

万「いつもそうでござろうww」

来「そうッスよww」

貴「ぶっ殺すぞ、てめぇら」









?1「どう?事はうまく進みそう^^?」

?2「あぁ。一つ聞くがなんでこんなことしようと思ったんだ?」

?1「これぐらいしないと本気になってくれなそうだからさ、鬼瓦神弥は」

?2「そうかよ」









鬼瓦家

部下1「か、かし、ら……」

父「………」

部下2「頭をまもれぇ!!!」

部下全「「おぉぉ!!」」

天羽組1「守れってお前らの頭もうすでにノックアウトじゃーんwww」

天羽組2「聞いていたより弱いようだな、鬼瓦組とやらは」

天羽組3「えー?この辺で一番の勢力組なんじゃないのですか?」

天羽組1「ガッカリだなぁ〜w」

部下3「おい、誰か若頭連れてこい」

部下4「お、おう!!((ダッダッダッダッダッ」

天羽組2「まだ、誰かいるのか?」

部下2「次期鬼瓦組頭、無敗記録継続中の最強のお方がいる」

天羽組1「へー…楽しみだなぁw」

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!