[携帯モード] [URL送信]

【銀魂3Z】頂点!!! 第3戦
鬼瓦vs神威
スタスタスタッ…

貴「…何コソコソついてきてんだよ、ストーカー行為として告訴するぞ」

威「なんでお前の事なんかストーカーしなきゃいけないの?バカなの?」

貴「…何の用だよ、アホ毛」

威「喧嘩、しようヨ^^」

貴「いいぜ(ニヤッ」

威「へぇ…余裕そうだネ^^」

貴「まァなw」

威「ぼろ負けしても知らないよ^^?」

貴「お前がなw」

威「((ザッ」

ヒュン!

貴「いきなりだな、おい」

威「喧嘩いつだっていきなりだヨ^^」

貴「そうかw((スッ」

ズサァァァァァァッ!!

威「…いったいな…」

貴「大丈夫か?もろに食らったけどw」

威「(イラッ……大丈夫じゃない!」

貴「へ??」

威「だから、大丈夫じゃないって言ってんじゃん」

貴「え…あぁ、悪い(…てっきり大丈夫だよって言って反撃してくるかと…)」

威「頭フラフラするんだけど?」

貴「えっ、あ、えーっと大丈夫か?」

威「大丈夫じゃないって何回言えばいいわけ?」

貴「あ、すまん…なんで怒られてんだ、俺(ボソッ」

威「もう学校いけないー!」

貴「はぁ!?…全然元気そうじゃねぇか!」

威「…お前の所為なんだけど!」

貴「お前が弱いからいけねぇんだろーが!」

威「………」

貴「おい!聞いてんのか!?」

威「………(ムスーッ」

貴「……はぁ…もういいよ、おぶってやるから家の場所教えろ」

威「いえーい!」

貴「元気じゃねぇか!」









貴「(何こいつ、軽っ!)…で?どこだよ」

威「その道をまっすぐ行って、その後右」

スタスタスタッ

貴「ここを右だったか?」

威「そうそう」

スタスタスタ…

威「ここ!」

貴「なんだ、普通の家に住んでんだな」

威「当たり前じゃん」

貴「でも、お前神楽とかいうやつと兄弟なんだろ?マンションで収まるのか?」

威「ここには俺しか住んでないヨ^^」

貴「そうか」

威「あ、ここの4階ネ^^」

貴「はいはい」











貴「ここか?」

威「そう」

貴「おい、鍵開けろ」

威「はい^^」

貴「……はいって俺に開けろって言ってんのか?お前おぶった状態で?」

威「ん?うん^^」

貴「…(ガチャ」

威「あー、疲れたー」

貴「てめぇは疲れてねぇだろ!おぶられてたんだかr(RRRRR…RRRRR…ピッ」

沖【鬼瓦さんですかィ?】

貴「おう」

沖【今どこですかィ?】

貴「神威の家」

沖【えぇ!?なんでそんなとこにいるんですかィ!?】

貴「(中略)…ってことがあった」

沖【それで家までおぶっていくってアンタ優しすぎですぜィ?】

貴「いや、めんどくさかったからさ」

沖【敵なんですぜ!?わかってやすか!?】

貴「あ…すみません、はい」

沖【とにかく!俺もそっち向かうんでさっさと帰ってきてくだせィ!】

貴「……はい」

ピッ

威「どっちが部下だかわかんないネww」

貴「誰の所為だと思ってんだてめぇ…」









沖「鬼瓦さん!」

貴「おー、早かったな」

威「久しぶりだよネ、ここくるの^^」

沖「早く帰りやすぜ!」

貴「おう」

威「じゃあねー^^」

貴「ま、今日は俺の勝ちってことで(ニヤッ」

威「はぁ?調子にのんないでヨ^^言っても引き分けだから^^」

貴「フッ飛ばされたじゃねぇかw」

威「でもその後は俺にしたがっちゃったじゃん?w」

貴「心の広さも頭としては大事なんだy((沖「いいから!帰りやすぜ!!」

貴「あ、お、おう」

威「プッwww」









貴「…(なんで今日こんなに怒ってんだ?)」

沖「……」

貴(いくら動きとかが読めても超能力者じゃねぇから思ってることとかよめねぇし…)

沖「アンタ、今日何があるかわかってんですかィ?」

貴「………夜兎工と喧嘩だった…」

沖「自分で買った喧嘩に参加しないってどういうことですかィ?ふざけてんですかィ?」

貴「悪い、忘れてた…」

沖「忘れてたで済む話じゃねぇでしょう!?…(ガミガミガミガミ…」

貴(これからは沖田のこと怒らせないようにしよう)

[次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!