[携帯モード] [URL送信]

小説
オレと導師。
(※チーグルの森)



袖振り合うも多生の縁というけれど。
あんまり関わりたくない場合はどうすりゃいいの………。






襲撃犯が寝入った所(軍人としてどうなんだ)を見計らい。



『家』に帰ったら、物凄かった。

家族がまた増えたのだが(大人組の方に二人)、大人組は只管オレ達を心配し、お子様組は泣きじゃくっていた(特に酷かったのが意外にもアリエッタだった)。

何とか宥めすかす為に、エンゲーブ産のリンゴを使った菓子を作って振るまい、落ち着いた所でざっと状況を説明し、やっと解放(エンゲーブの宿屋へ戻る)。



横に襲撃犯。

………寝れるかぁっ!!
襲撃犯が何時襲ってくるか解らんだろーが!!
………しょうがないので、見張り番やります。
徹夜は何て事ないので、『中』の二人には寝て貰う。
文句は受け付けん!!



朝。
導師がチョロチョロと、動き出した。
面倒だけど、後を追う。

チーグルの森の中、倒れ込んだ導師を支え、一瞬コイツ本当にシンクの兄弟かと思う。

何て言うか、宗教自治区とは言えトップとしての自覚が薄い、薄過ぎる。
だから簡単にエンゲーブや魔物の問題に首突っ込んだりするんだ。

『中』の二人も同じ感想の様で、導師に呆れていた。



導師に誰何を問われ、ファーストネームだけを名乗る。
マントきっちり着込んで、フード目深に被ってるからな。

敵国だっつーに素顔晒せるか!!

遅れて襲撃犯、合流。
怒鳴られるが無視。不敬罪がどんどん積み重なってくぞ?


「私は神託の盾(オラクル)騎士団モース大詠師旗下情報部、第一小隊所属ティア・グランツ響長であります」


名 乗 っ た よ !!
有 り 得 ね ぇ !!


「あなたがヴァンの妹ですか」

「ほぉ、謡将殿の妹御か。兄妹喧嘩に刃傷沙汰、且つ、不法侵入に殺人未遂は如何なんだ」

「は………?」


プチッとキレたオレが突っ込んでやろうとしたら、襲撃犯が曖昧に誤魔化し、導師が騒ぎの元凶たるチーグルを見付けると云う罠。
追いかけながら、チーグルの巣へと向かう。

青白い顔の導師がぶっ倒れても困るので、自分も病み上がりだと言う事を強調しつつ、導師を護衛。



オレ(レプリカとは言え)王族なんですけどー。
一応、預言に詠まれてる存在なんですけどー。

前衛に立たせるってオイコラそこの襲撃犯。殺意アリと見た。



((姉上、可笑しいよ))

(ルー?)

((だって、この森、木の実一杯あるじゃん。チーグルって草食じゃなかった?))

―――確かに。なればエンゲーブより肉は兎も角、果物を盗む必要性が無いな

(おお、流石オレの家族! その通り、じゃ果物まで盗んだのは何故か? 答えはカンタン、自分達の食糧にしてんのさ)

((盗んだ物を!?))

―――厚顔無恥なケモノに成り果てたか

((アリィのお友達に喰われろ))

(ルー……アリィのお友達にも好みがあると思うよ?)


と『中』の二人と会話をしつつ。
どうも誘われているとしか思えないエンゲーブの焼き印の入ったリンゴを辿っていくのだった。



この後、鬱陶しい上に、更にキレそうになる事態になるんだよなー………(遠い目)。
誰かタスケテー(棒読み)。



'13.01.01

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!