[携帯モード] [URL送信]
ひぐらし(忍足)
会話文のみ。
似非関西弁。















アブラゼミがジーワジーワと鳴いている。



「アブラゼミより蜩のが好きだな」


「蜩ぃ?蝉なんて変わらへんやろ。おかしなやっちゃなぁ」


「全然違うよ。鳴き声が全然違うんだから。博識な忍足が知らないの?」


「興味ないからなぁ…。ちゅーか、博識ちゃうし。なつみもオレのメガネに見事騙されとるなぁ」



「蜩はね、夕暮れ時に鳴くんだ。カナカナカナ…って。だからかなぁ、あれを聞くとちょっと寂しい気分になる」


「寂しい?」


「帰らなくちゃなぁとか、もう終わりかぁって」


「せやのに好きなんか。変わっとるなぁ自分」


「そうかな?うーん、言われてみるとそうかも…」


「なんやねんソレ。ますます変やで」


「うっさいなー。ええの」


「移っとるし」


「方言マジック」


「ちゃうちゃう。自分がつられやすいだけや。すぐ影響受けるしなぁ」


「む…。まるで私が単純馬鹿みたいな言い方」


「まるで、ちゃうし。まんまそうやろ。前は立海の仁王のけったいな語尾が移っとったしなぁ」


「………うるさい。て言うか、もしかして忍足、仁王嫌い?」


「はぁ?別に。絡みないし」


「その割りには口悪くない?」


「……それは、まぁ、仕方ないやろ」


「なにゆえ、仕方ない?」


「なにゆえって、今度はどこの馬の骨の言葉が移ったんや」


「やだ忍足恐い。わかった!嫉妬でしょ」


「………………………はぁ?」



「………そんな心底呆れた顔しなくてもさぁ。冗談で言ったのにうっかり刺された気分」


「刺してへん。ちゅーか、話それすぎやろ」


「あー、なんの話だっけ?……あ、蜩か」


「自分と話しとるとボケた婆さんと会話しとる気になるわ」


「忍足の馬鹿やろう」








(忍足ぃ、図星でしょアレ)
(ぅ、聞いとったんかいジロー)

.

[*前へ][次へ#]

7/9ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!