[携帯モード] [URL送信]
調理室からの甘い香り(蟹) *



“そうだ、久しぶりにお菓子でも作ってみるか”
そう思ったのは授業が終わった帰り際。


特に意味は無かった、といえば嘘になるかもしれない。
でもなんとなく、そういう気分になっただけだった。


そしていつも一緒に帰る哉太達に訳を言って別れると、陽日先生から鍵をもらい急いで家庭科室に向かった。






錫「・・・ふぅ、後は焼くだけか」


作りなれたレシピの為、紙を見ることもなかった

そして手馴れた様子で型に流し込み、温まったオーブンに入れた




――チンッ!

しばらくすると、焼きあがった音と共に甘い香りが家庭科室に広がる




錫「・・・うーん、出来はまあまあかな」

『えー、こんなにおいしそうなのに?』

なぜか居るはずの無い人物の声が聞こえた。
確か月子達と帰っていたはず・・・


錫「え・・・名前?」

『そうだけど・・・?いつもとちょっと違う錫也を追いかけて来ちゃった!』


語尾なんかに☆が付きそうな勢いで言ってくるに呆れたような目を向ける。
すると、あー!またそんな目で見るー!!と怒るからはいはい、と頭を撫ででやると頬を膨らまし拗ねてしまった。


錫「・・・分かったよ;はいこれでもやるから機嫌直してくれよ」

『え!いいの!?ありがとう錫也』


お菓子で釣ってみると案の定、すぐにキラキラした笑顔をこっちに向けた。

名前は誰もかしもにこんな殺人的笑顔を振りまいてるんだな・・・・・・月子もだけど。

でも、この笑顔を見ると何か落ち着くんだよな・・・。



俺は名前の喜んでいる顔が好きだ。
今までもそう思いながら過ごしてきたのだから。

まあそこがオカンって呼ばれてるのかも知れないけど・・・

この笑顔をいつまでも守りたいって思ってる。




名前はこれからも俺達の・・・・・・いや、俺だけのお姫様なんだから――









調理室からの甘い香り
(もし、他の男を好きになったとしても)
(迷わず俺は名前の幸せを願う)






[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!