[携帯モード] [URL送信]
薬指の、

「何笑ってんの?」
「ん、いや別に」


パンサーは上目使いでひとつ瞬きすると、それ以上は追及しなかった。その代わりすかさずリンゴとナイフに手を伸ばす。軽く安堵している様子に、ホーマーはまた笑ってしまう。




ふとその行為が似ていることに気付いて、頬が緩んだ。

パンサーがあまりにも容易くリンゴをするすると剥くので、それが簡単なことだと踏んだのがいけなかった。
試しに、と言ってナイフとリンゴを受け取り真似してみるも、リンゴよりも皮のほうが厚くなる始末に舌打ちする。
パンサーは青い顔をしてその様子を見ていた。そしてホーマーが皮を削ぎ落とすたびに

「あッ!」
とか
「ヒッ!」

という声をあげた。



パンサーの恐れていた事態は案の定数分後に起こり、リンゴの白い部分に赤い染みが出来た。弾かれたように動きだし、絆創膏を持って来る。
ホーマーの手を取って、神妙な顔でそれを指に張り付けた。



今リンゴは再びパンサーによって剥かれている。剥きながら、何故か上機嫌のホーマーをちらりと見る。
「ヒヤヒヤしたか?」
「したよ。もー、危なっかしくてさー」
「ふーん」
つい口の端が上がる。悪い気分ではない。
「…なんか…嬉しそうだね」

だって絆創膏は左手の薬指だし。
珍しく心配させるほうだったし。

もう一個やらせろよ、と言うとパンサーはぎくりと動きを止めた。



END
*********************
リンゴの季節になってきたので。ホマって本当乙女ですね。



[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!