[携帯モード] [URL送信]

空を見上げて
標的18 その4

…これってもしかして。

よく目を凝らして見てみると、最初は小さかった黄色い点が段々輪郭を帯びてきて、声もはっきり聞こえてきた。


「ミードリタナビクーナミモリノー」


だよね。

どう見たってヒバードだよね…。

此方まで飛んでくると私の頭の上を一回転してから肩に止まった。


『えっと…どうしたの?』

「ヒバード、柚ノ監視。ヒバード、柚ノ監視」


あっ、はい。

恭弥だね。

いや、それはヒバードの時点で分かってはいたけどさ…。

手のひらに乗せてフワフワした毛を触ると、気持ちよそう目を細める。

…これからは一家に一匹1ヒバードだね。


「う゛ぉい…何だその鳥は」

『っ…!?』


ヒバードに気を取られていて、いつの間にか後ろに来ていたスクアーロに気づかず、肩が盛大に揺れる。


『…ビックリした』

「聞いてるのか」

『聞いてるよ。私の所属させられている委員会のマスコットみたいなの…かな』


たぶんそんな認識で合っているはず。


「そうか」

『………』

「………」


それだけ!?

会話が終了して、スクアーロも動くことなく、私もなんか動くに動けず沈黙が流れる。

…もう用事がないなら動いて欲しい。

って、言わなくてはいけないことがあったんだった。


『そうそう、スクアーロ』

「何だ」

『試合に勝ったら繁華街の修理代5倍にするから』

「わかっ……う゛ぉい!?まず、繁華街の修理代ってなんだぁ!!?」


そういや、まだ言ってなかったっけ?


『バジルから“偽物”のリングを盗っていった所の戦闘で壊れた器物の修理代。因みに負けたら3倍にするから』

「どっちにしろ高くなるのかよぉっ!!」

『レンタルの延滞金みたいなものだよ』

「絶対ちがうだろぉっ!!」


淡々と話していくと肩で息をしながらツッコんでくる。

…喉痛くならないのかな。


「…ハァ。まぁ、俺は勝つが払いはしないからな!」


そう自信有り気にニヤリと笑うのを見て、身体が少し硬直する。

そうだよ。

原作通りにいくとは決まってない。

『…ぁ、あと…怪我したら更に10倍だから』

「そんなのしないし、払いもしねぇ。あいつ等に未来なんてもうないんだよ。…来訪者のお前もな」


銀色の髪が視界から消えていくのを見ながら、血が出てきてるのを気にせず拳を握り締め続けた。


Θ





[*前へ][次へ#]

4/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!