[携帯モード] [URL送信]

空を見上げて
標的18 その3

数十分後…。

結果からいうと、勝てました。


「…マーモンが負けたとこ初めて見たかも」


呆気にとられているベルと、悔しがっているマーモンにドヤ顔をする。

とはいえ、マーモンがスピードタイプだったら負けていた。

私はゆっくり攻めていくタイプなので、序盤はマーモン優勢だったが最終的には勝った…ということだ。


「…約束したからね。聞きたいことはなんだい?」

『来訪者についての情報とその情報の入手ルートかな』


何処までヴァリアーが知っているのか、そこが気になる。

それによって今後の行動にも関わってくるしね。


「…異世界からの来た者。だから、来訪者って聞いている。これについては君の個人情報を知った後、スクアーロから聞いた」

「けど、スクアーロはボスから聞いたとか言ってたけどな」


スクアーロとXANXUS…。

どっちか、もしくは両方が伝達者か。


『…ちなみに私の個人情報って』

「桐谷 柚。2月29日生まれの15歳、高校一年。身長は148pで体重はよんjyu―――」

『分かった!それ以上はストップ!!』

「……」

「んなこと言ったってヴァリアーは全員知ってるんだぜ?」


ウシシ…。
と笑いながら、つい立ち上がってしまった私の肩を叩く手を払う。

そんな気もしてたし、マーモンが黙ってくれたから良いけどさ…。

筋肉のせいで変に体重あるからなー…。

その辺は凄く気にするお年頃なんです。


『…けどその情報はどこから?』

「ボンゴレの調査団から。なんでも、あの黄色いおしゃぶりのアルコバレーノが情報提供者らしいよ」


リボーンが…。

やっぱりもう調べられてるんだ。

情報の出所に納得しながら苦笑いしかできない。

私、こっちに来てから体重測った覚えないんだよね…。


Θ


ホテルのベランダから並盛町の夜景をみる。

こういう時間が一番落ち着くんだよね。

少し伸びをして深呼吸をする。

勝つとも決まってない…けど、山本が勝たないと進まない。

2日前ので見ている限りだと、持ち前の運動神経で初めたばかりの初心者には到底見えなかった。

かといい、今日は実践…剣道とは動きが違う。

あの時にもっと言っておけばよかった…!!

一人頭を抱え込んでいると、ドコからともなく歌声が聞こえてくる。





[*前へ][次へ#]

3/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!