安室に愛される(裏夢小説)
シテホシイ


透.ver

風呂の用意をした由梨花が、帰るなんて事を言い出すし。

・・・ま、昨日も泊っていったんだし

と、思いながらも・・・・

なんだろう

由梨花を泊らせた翌日は、より一層気持ちが高まって、離したくなくなるので

欲望の赴くままに、キスをする。

由梨花の柔らかい唇を、自身の唇で啄ばんで、食む。

舌を絡ませあって、その甘い熱さに脳が溶けそうになって・・・・・


この


唇が、舌が

俺の・・・・・に

触れて、舐めて、銜えて・・・・・・・・・・



先ほどのシンシテキな考えは、遠く宇宙まで吹っ飛んでしまった・・・・

させたい

この可愛い顔で、舐めている姿を妄想する

やばいだろ・・・これ・・・・


「・・・さっきからこーなってるんですけど・・・?」

「さっきからって・・・?」

由梨花を見やると、上目遣いの中に、ほんの少しの色。

あんな事言っといて・・・ハイサヨナラなんて、それはないでしょ。

大体が、無意識に誘ってんのは由梨花なんだから・・・と独り言を言いながら

何か否定の言葉を言おうとした由梨花の唇を再び塞ぐ。

柔らかい・・・・

だめだ・・・・やっぱ・・・シテホシイ。


透は急いでキスを解き、すでに硬くなったおれ自身に待ってろと心の中で言ってやって

風呂にそそくさと向かっていった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]