銀魂裏恋(裏夢小説)
土方:切→甘。6


「……探したぜ、美穂……」






息が、切れている。
ここまで走ってきたみたいだった。






「……なんで、あたしが出ていってからすぐに探しに来てくれなかったの?」





………本当は十四郎が今ここにいるってだけでうれしい、のに。




口から、天邪鬼な言葉が飛び出してしまった。





パサッ……
十四郎が、傘を落とした。



そして、
あたしをきつく抱き締めた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]