[携帯モード] [URL送信]
離れたくても離れない黄瀬



『ねー、りょーくんー』

「はい、何スか?」

『あのね、あたしとバスケ、どっちが大切?』

「え、いきなり…何スか、ソレ…?」

『10秒以内に答えてねー。いくよー、じゅーう、』

「ちょっ、」

『きゅー、』

「待ってくださいよ、」

『はぁち、』

「…っ、!」

『なーな、』

「キミ、なまえに決まってるっスよ!バスケより、なまえが…!」

『りょーくんのうそつきー』

「へ…?」

『追い詰められたような顔してるー。みどりんにスリーポイント打たれて、逆転されたときの顔にそっくりー』

「、そんな、わけ…!」

『ね、りょーくん。別れよっか?』

「っ、嫌っスよ、そんなの!
違うっス、バスケよりキミがいい、キミが大切、キミの方が大好きっス!だから…!」

『だから?』

「わかれ、ないで…」






(姿)



私が病んでいる?いいえ、そんなことはないのです。
彼が私に依存しているだけなのですから。





[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!