[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「ヒック…

 じゃあ、お兄ちゃんが内緒にしてること

ってなに?」


 涙を拭いながら麗が俺を見上げてきた。


「それは…」


 何も言わないのに気づいた麗に、気のせ

いだと押し通すか、あるいは適当なことを

言って誤魔化すか…。

 どちらにしても…と思う一方で、事実を

ありのまま話すという選択肢はない。


「お兄ちゃん?」


 麗の視線が答えを待っている。

 麗を安心させる答えを。 


「…いつか、ちゃんと話すから。

 今はまだ…」


 麗を抱きしめたまま、それだけ言うのが

精一杯の誠意だった。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!