[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「だってっ…」


 麗が俺を掴む手に力を込めた。

 そして次の瞬間、切ない叫びがその喉を

裂いた。


「だってそうしないと、兄さんはぼくから

 お兄ちゃんをとっちゃうから!」


 …一瞬ドキッとした。


 それは俺の気持ちが兄貴に傾いているか

らとかいうのではまったくなくて。

 何も言ってない、何も悟られていないは

ずの麗が、何を知っているんだろうと。


 兄貴は何も言っていないはずだ。

 もし言っていればもっと目に見えて何か

が変わっているはず。


「ずっと…ずっと不安だったんだ。

 兄さんは、昔からお兄ちゃんしか見てな

 い。

 いつかお兄ちゃんを手の届かないところ

 に連れて行っちゃうって」


 泣いているのか…麗の声が震えている。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!