[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「今日も学校楽しかったか?」

「うん。

 今日は英語の授業で発音が綺麗だって先

 生に褒められたんだよ。

 でも今が1番楽しい。

 お兄ちゃんといられるから」


 誇らしげにちょっと胸を張って見せるも

のの、すぐに抱き着いてきている肩に横顔

を擦りつけてくたっと力を抜く様がなんと

も言えない。

 質問したこちらの方がくすぐったい気持

ちになって、麗の頭を撫でた。


「お兄ちゃんは?」


「うん?うん…楽しかった、かな…」


 質問を返されると辛い。

 いやがおうでも休み時間の一件を思い出

してしまう。


 兄貴は今日も生徒会か塾で遅くなるだろ

う。

 兄貴に捕まる前に眠ってしまわないと、

今朝の一件もあるし昨日のこともあるしで

落ち着けない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!