[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 部活は夕方には終わり、各々がそれぞれ

の課題を手に部室を出始めた。

 加我も“用事があるから先に帰る”と言

い残して部室を出て行った。

 俺も片づけを終えて帰ろうと鞄を掴んだ。


「駆、帰るん?

 ほな、一緒に帰ろうや」

「ん?うん…」


 …そういえば、クロードってどこに住ん

でるんだっけ…?


 ふとそんな疑問が浮かぶ。

 聞いたことなかったかな、と不思議に思

いながら部室を出ながら話す。


「あのさ、今更だけどクロードってどこに

住んでるんだっけ?」

「うん?駅前の…マンションや。

 駆が遊びに来たいんやったら歓迎する

 で?」

「あはは…。

 さすがに今日は遅いし、遠慮しとく」


 ウェルカムな空気のクロードに笑って首

を横に振った。

 と、廊下に人影があった。

 まるで誰かを待っているような影が。


「クロード様…」


 黒髪で肌が白くてパッと見たら異国人

には見えないが、その目はグリーン色を

している。 





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!