[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「従兄弟なんて会ったことない。

 一体誰なんだ?

 加我たちに何をした?!」


 一気に警戒心が高まって体に緊張が走

る。


「傷つくわ〜っ。

 まさかほんまに忘れてしもたん?

 昨日も会ってんのになー」


 そんなはずは、ない。


 昨日は一日、隣のクラスの牧村とカラオ

ケに行っていた。

 嘘は確定した。

 だが、目的が解らない。


 全然笑っていない目で大袈裟なジェスチ

ャーをする青年が、ずいっと顔を近づけて

きた。

 青年は反射で上半身を逃がそうとした俺

の手首を掴んで強引に自分の方へと引き寄

せた。

 顎を掴まれてキスでもされそうな距離ま

で顔が寄り、嫌でも視線をそらせなくなっ

てしまう。


「そないに冷たいこと言いなや。な?

 仲ええのにそないなこと言われたら、俺

 かてショックやわー」


 目が、そらせない。

 青年がつけているのか香水の匂いに包ま

れ、いつの間にか手首を掴んでいた手が腰

に回されてがっちりホールドされてしま

う。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!