[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「あっ!兄さんズルイ!!」


 “ぼくもっ!”と身を乗り出しかける麗

の服の首根っこを掴んで兄貴が阻止した。


「こんな駆を見ても、まだ引き離そうなん

 て馬鹿げた考え方をしますか?

 親として」

「っ!」


 兄貴の冷静過ぎる一言に母さんが反論で

きない。


「親なら、我が子の最善をいつだって追求

 すべきでしょう。

 簡単に決めつけて、切り捨ることなら他

 人でもできますよ」


 俺でも“ちょっと”と言いたくなるよう

な声の冷たさで、母さんがそんな兄貴を睨

んだ。


「…最善を、考えているから言ってるんじ

 ゃないのっ。
 
 駆だけじゃなくて、秀や麗だって母さん

 たちの子供でしょ!?」

「では、他でもないその僕たちが駆と離れ

 たくないと言っているのは無視なんです

 か」


 …隙が、ない。

 見事に隙がない。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!