[通常モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 ちょっと待て。体液…?


「そ、それって例えば…唾液、とか…?」

「唾液もそう。汗も、涙も、血にさえも。

 でも一番濃いのは…駆はきっともう分っ

 てるわよね?」


 まるで生物の授業でもしているような声

で母さんは確認してくる。

 それが生活の一部で、当然のことみたい

に。


 一番濃い…?それって…


 一足遅れて思考が追いついた。

 そしてようやく理解した。

 放っても放っても体が熱かった、その理

由を。


 理解した途端、顔が熱くなる。

 そんな俺を見て、母さんが肯定するよう

に頷いた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!