[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「で、でもっ…じゃあ、淫魔だから諦めろ

 ってこと?

 紛れもない家族なのにっ?」

「そうだとも言えるし、それだけではない

 とも言えるわね。

 少なくとも秀や麗は、半分は人間である

 父さんの血をひいているから、食物から

 でも栄養は摂取できる」


 だったら何も問題は…


「でも…二人はあなたの味を知ってしまっ

 た」


 母さんの表情が曇る。

 俺が何も言えずにいると、長い沈黙の後

で母さんが再び口を開いた。


「フェロメニア…という特殊な体質をもつ

 人間が時々生まれてくるの。

 遺伝ではなくて突然変異でね、100万

 人に1人とも1000万人に1人ともい

 われているけれど。

 駆…あなたは多分フェロメニア体質なの

 よ」

「え…俺?!」


 思わず自分を指さして聞いてしまった。

 母さんに似て容姿が日本人離れしている

兄貴や麗ならまだ…理解できなくもない。

 でも、まさか平凡すぎるほど平凡な自分

まで特殊な体質だと言われるとは思わなか

った。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!