[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「…家族が、いい。

 父さんがいて、母さんがいて、

 兄貴がいて、麗がいて…。

 喧嘩して、仲直りして…、

 そういう家族に戻りたい…」


 それは願い。

 二人の願いとは相反する、願い。

 でもそれが俺の…偽りのない気持ちだ。


「駆…あなたの気持ちは分かったわ。

 私たちも気持ちは同じ。 

 でもね…とても残念だけど…それはきっ

 と無理だわ」


 静かな声がそっと俺の願いに蓋をした。

 何故、と顔を上げると、悲しげな顔をし

た母さんと目が合う。

 その目が、悲しいほどに澄んでいた。


「今から母さんが話すことは、駆にとって

 は受け入れがたいことかもしれない。

 信じられないかもしれない。

 でもどうしても…聞いてほしいの。

 あなた自身の為に」





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!