[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 月明かりの下で、その怒りさえ浮かばな

い氷の視線が寝起きの俺に突き刺さる。


「なんの真似ですか、これは?

 そんなに見せつけたいんですか、駆が喘

 いでいるところを」


 兄貴が何を言っているのか寝起きの頭で

は理解できない。

 でもとにかく“どうにかしないとまず

い”というのは確かで、無理矢理体を起こ

した。


「ただ…寝てただけだろ?

 なに怒ってんだよ…」


「ちゃんと言ったはずですよ。

 僕以外の人間がこの体に触れるのは許せ

 ない、とね」

「くッ…!」


 いきなり手加減なしの力で胸の突起を捻

り上げられて喉がひきつった。


「…いいでしょう。

 お望みどおり、見せつけてやりましょう

 か」


 麗の無邪気な寝顔を見下ろす目はまさに

冷徹な鬼の形相で、俺が止めようと発しか

けた言葉すら奪うようなキスに吸い込まれ

てしまう。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!