[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 そもそもこの闇のスパイラルに終わりは

あるのか。

 兄貴が大学に進学して家を出て、俺も高

校を卒業して進学なり就職なりをして…。

 でもたとえ兄貴が家を出たとしても麗は

まだ中学、高校生と、この家で暮らす。

 進学にしても就職にしても、兄貴の大学

がある以上はいきなり一人暮らしなんてこ

とは俺もできないだろうし。


 麗が言っていたようにいずれはバラバラ

になるだろう。

 でも、こんな生活を続けて、何食わぬ顔

で何も知らなかった頃の生活の延長ができ

るのか?

 いや、そもそもこんな関係…同じ家で暮

らしていていつまで両親に隠しておける?


 さまざまな考えが取り留めもなく押し寄

せて、問題の大きさと深刻さを俺に突き付

けた。

 
 何かないかな…。

 全部の問題を解決してくれる魔法の呪文

とか…。


 「はぁ…」


 今は考えるだけ無駄か、と諦めてシーツ

を持って兄貴の部屋を出る。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!