[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


そんな兄貴の視線を受けて程よい距離で

歩み寄っていた足を止めた。


「それでも、あんな言い方したら、麗が傷

 つくだろ?

 なんで兄貴はいつもいつも冷たい言い方

 しかできないんだ」


 こっちも真剣な目で見つめたのに、兄貴

は机によりかかって冷笑した。


「な…なんだよ…」


 兄貴の考えていることがわからなくてム

ッと口を引き結ぶ。


「駆は…本当に自分が麗に優しいと思って

 るんですか?

 キツイ言い方をしている僕よりも自分の

 ほうが優しいと?」

「俺は麗にあんなこと言わない!

 あんな顔させない!」


 兄貴は噛みつくように返した俺に笑みを

深めただけだった。
 

「なんなんだよ、さっきからっ!

 なんか言いたいことあるなら言えよ!」

「別に…何も?

 僕は駆と違って意地悪ですからね。

 教えてあげませんよ」


 肩をすくめてみせるのが余計に神経を逆

撫でして唇を噛む。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!