[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「わかった。

 兄貴の言うことちゃんと聞くから」


 俺の知らない顔をする兄貴に一抹の不安

は抱えつつも、とりあえずは目の前の問題

を解決することが優先で、それには兄貴を

怒らせないことが絶対条件だった。 


「賢い子は好きですよ」


 兄貴が本当にたまにしか見せない笑顔を

浮かべて、頭を撫でる代わりに額にキスを

くれる。

 イギリス生まれの母さんにはそれが自然

なことで、その母さんに育てられた俺たち

兄弟にもごく自然なスキンシップ。


 よかった。これで穏便に解決する。



 ほっとした矢先に左手で顎を引かれた。

 ヘッドフォンが滑り落ち、え?と驚いて

いる間に唇が塞がれる。

 柔らかいと感じる間もそこそこに、繰り

返し啄まれた。


「んっ、んんっ…!」


 顔をそらそうとしたけれど顎をしっかり

と掴まれていてそれもできない。

 息が上手くできない。

 それとほぼ同時で下肢のモノを扱く手の

動きが再開された。

 キスに下肢への刺激が重なって軽く酸欠

状態になりながら空気を求めて唇を薄く開

いた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!