[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「…お兄ちゃん、ぼくのことキライになっ

 たの…?」

「そうじゃない。でもそういうのは」


 玄関の鍵が外から開けられる音がする。

 兄貴が塾の特別講習から帰ってきたよう

だ。


「そういうのはやっぱり兄弟ですることじ

 ゃないよ」


 傷ついた顔で見上げてくる麗を困ったよ

うな顔で見つめ返して頭をポンポンと撫で

た。



 動かず何も言わない麗をとりあえずその

場に残し、玄関先まで行って帰ってきたば

かりの兄貴を出迎えた。


「お帰り、兄貴」

「ただいま…。

 珍しいですね、先に寝ていると思ってい

 ましたが」


 いつも兄貴の魔の手から身を護っている

俺への嫌味らしい。

 内心ちょっと毒づきたくなったが我慢す

る。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!