[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華

〜エピソード5〜




中3の時、族の皆で遊んでて

当時俺は喧嘩の実力的にはNO.2、みたいな感じでそん時の総長とは兄弟みたいに仲が良かった。

雅さん。

本名氷室雅宗(ヒムロマサムネ)。




男前で、バイク上手くて、背が高くて、親分肌で、いろんな意味で憧れてた。

そして……何処の族にもある、度胸試しの罰ゲームみたいなの。
通過儀礼みたいな軽いのね。



うちの場合は、それが
「ナンパ」
だった。

雅さんを筆頭に、うちのチームは異常に男前率が高くて……。
俺はいつも肩身の狭い思いをしていた。

ある日雅さんが


「おっしゃあ今夜はちょっくらナンパに繰り出しますか!!」

『うぉマジっすか?!やった!!』


俺は、アレですよ。
話してるうちに仲良くしてくれる女の人もいるんじゃないかなぁー……って。

早い話がおこぼれに預かろうと。


「ユウは駄目。」

『うぇぇぇぇぇ!!
何でですか?!俺も行きたい!!』


「だって、お前みたいなのがいたら女なんて誰もついて来てくれねぇーもん。」

「あー解る解る。ユウの顔見たら帰っちゃいそうだよねー。」


……雅さん、カズ、お前ら酷……


「てな訳でユウ君おるすばぁーん☆」

『え……ちょ、ま……』

「妬くな妬くな。怨むなら自分の顔の造り、だな♪」


爽やかに笑った雅さんは、そう言い残して出ていってしまった。

……あのヤロウ自分はモテるからって……!!
22(当時)のくせに大人げないんだよ!!


俺だってアンタみたいな男前に生まれたかったわぁ!!

[*前へ][次へ#]

31/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!