[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
鞄教室だ
 



『あ、鞄取りに行かなきゃ。』


……そーいや不動に4限もサボるって言って無い。



ケータイッ……て鞄の中!!




うわぁ……アイツの事だから心配してんだろうなぁ。



『よしゃ。レオ、教室帰んぞ。』

「……分かった。」


「なぁ……悠紀仁。もう帰んの?」



『うん。そろそろお腹減ったし。』


「なら生徒会室で一緒に食べない?」

「悠紀仁、あのルームサービス美味しいって言ってたよね?」



え、マジで??


『なら、今ダッシュで鞄取ってきます!!
レオ、行くぞホラ!!』



「じゃあ、僕たちは先に行ってるから。」





その言葉に満面の笑みで頷いて、バタバタと出ていく。




「……悠紀仁釣るには食べ物が1番だね。」

「あぁ……。」

[*前へ][次へ#]

15/299ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!