[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
2
 

さあ!!ここで文章を解析してみよう。

とりあえず、プレートの名前通り、俺の同室はむかって右側に立ってる目付きの悪い男、ってわけですね。
そしてどうやら彼は同室者が俺だとテンションが萎えるらしい。
テ・ン・ショ・ン、が!!ね。(大事なことなので2度言いました)


とりあえず……そのあとの台詞?
はどっかで聞いた覚えが……

【俺の女に手ぇ出してんじゃねーよ!!】

あぁ、思い出した。
語尾やらは違うが同じような意味合いだ。
安っぽい火サスでヤクザが……

……僕の?
左のチワワ、は、確かにちっこいけど、男。
右の不動って奴は、どっからどう見ても、男。

これって……アレ?
フォモって奴……DEATHか?





え?なにそうゆうのがいるのここ?




とりあえず


『……僕は男性には興味ありませんから、ご心配無く。』


とだけ残してまた荷物に向き直った。
やだもう関わりたくない。

言われなくても色目なんか使うもんか。
俺はそこの不動ってやつの大胸筋よりも女の子のやわらかいおっぱいに顔をうずめたい。


「何あの態度〜っ、ムカつくぅ!!」 


ってお前じゃあいったい俺がどんな返答すれば満足した?
あれ以上どう丁寧に返事をしろっつーんだよ。

あぁ……てゆーかもうどうでもいいから勝手にムカついてください。


そしていちゃつくなら他所でしてください。
かなり切実に。



あーもうホラ腕纏わり付かせて甘ったるい声出してんじゃねぇーよテメェコラ。
生まれてこのかた恋人が居たことすらない俺の目の前で恋人同士の時間作って楽しいですかあなた方。


あぁ、俺の「恋人が手を繋いで仲睦まじく歩いているその間を突っ切って分断したい病」の発作が・・・・っ!

あやうく某夢の国で発作を起こしそうになった持病が・・・っ!


「……邪魔。ひっついてくんじゃねぇーよ。」

「は、……はい……」


ぱ、と振り払われた腕に小動物が怯えたような表情をした。

うわ、ひどいねぇ不動君。恋人にはもっと優しくしてやれよー。

ほら、うなだれちゃってんじゃん可哀相に。

[*前へ][次へ#]

18/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!