[携帯モード] [URL送信]

極楽蝶華
広いってば。
 


はい……。

はいはいはいはい。

長すぎない?


あー……遠近法で向こうの廊下の行き止まりがかなり小さく見えマスガ。
ねぇここ学校だよ、な・・・・・・・?

嫌だなぁ、ここの掃除の当番当たったら……

ビルの清掃のバイトはしていたが、こんなに広大な面積だと流石にちょっと嫌になるな。



結局一番端にあるのが理事長室だったが、そこまでにあった部屋がたったの3つ。

こんな広いのに。
……3つだよ?3つ。
「学費は気にしなくていい」って……
悠貴さんすいません……どんだけするんですか?維持管理費だけで……




あ゙ー……

そして、多分その途中の【生徒会室】のプレートは幻覚だ幻覚……(←現実逃避)




重厚で高そうな扉。
藤堂グループのじーちゃんの部屋に負けず劣らずな高そうな材質に若干気後れしつつ、理事長室とプレートのかかったその下の扉を軽くノックしてみた。

-コンコンッ-

ベニヤの合板なんかとは全然違う心地の良い音が響く。

中の人が一言二言話している。

だがしかしそれは俺に向けられたものではないらしく、室内だけで響いて扉の外にいる俺に届くことは無かった。

礼儀として、「どうぞ」と言われてから入るものなんだけど中から返事は無い。
もう一度ノックしようか、声をかけようか逡巡していると中から扉が開けられた。

[*前へ][次へ#]

15/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!