[携帯モード] [URL送信]

小説v2
君たちがどんなに強いのかよくわかった! *ハンジ



ハンジ「はっ…ハハッ。……お前らがやったのか?」



私は、巨人どもを睨みつける。
この、死体の街をこいつらが!!



ハンジ「殺すよ?」


巨人「ぐぁぁぁぁああ!!」


ハンジ「死ねよ!!」



私は、そいつの首を切った。首はコロンっと地面に転がった。



ハンジ「この野郎!!よくも!!」



思いきり蹴飛ばした。
………蹴飛ばした?


何故?あいつは、3m級だぞ?
何故、こんなに軽いんだ……、



ハンジ「君たちは、こんなに軽かったの?」



腕も軽い。君たちは、この軽い体で私たちと戦ってたの?



ハンジ「ハハッ……、気に入ったよ。」



私が、君たちの正体をあばいてあげよう。



ハンジ「………、さぁーて、明日はどんな巨人に会えるかなぁ〜?奇行種にも会えるかなぁ〜?」



























[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!