[携帯モード] [URL送信]

龍と花


「あ、雨・・・」

バイト先の窓から空を見上げる
さっきまで夕日の見えていた空は、黒くなってしまっていた

「楓君、帰り大丈夫?」

品物を棚に並べていると、店長の因幡さんが奥から出てきた
ちなみに、楓っていうのは俺のこと。
日向 楓っていうの。

「はい、傘持って来てるんで歩いて帰ります。自転車置いてってもいいですか?」

「うん、いいよ。あ、後もう少ししたら上がっていいからね」

そう言って、軽く微笑むとまた奥に戻って行った
因幡さんは23歳でコンビニの店長をしている。男だけど中性的な顔立ちで美人な感じ
俺も初めて見たときは女性だと思ったもん。

残りの商品を並べ、空になったダンボールを裏に運び出す。これで今日の仕事は終わり。

「楓君」
「はい」

帰り支度をしていると、因幡さんに声をかけられた

「お疲れ様、今日・・・気を付けて帰ってね」
「?はい」

いつもは笑顔で見送ってくれるのに・・・今日はなんか・・・
気になって、じーっと見つめていると頭を撫でられた。あ、いつもの因幡さんだ。

「また明日」
「はい」

俺は傘をさして帰路についた


[未来#]

1/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!