[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
脱走計画







『――――あなたが大人しくしていれば何もしませんよ





わかったらワタシの言う通りにしてなさいよ』





と、エイシュンは言っていたが、



あの物言いと鋭い眼光、



絶対修行僧なんかじゃない





この状況は非常に危険である









「…………よしっ」









よもぎは、ベッドをそろぉっ、と降りると、



上にパーカーを羽織った









[*前へ][次へ#]

11/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!