[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
脱走計画













キィイ――――…









「…………………(( ̄_|」






よもぎは階段からそっとリビングを覗く










灯りはついておらず、





よもぎが降りてきたことで起きた様子もない
















(……………よし…っ)




















よもぎは忍び足で玄関へ進む
















外にでて、近所のひとに助けを呼ぶためだ



















(そーっと、そーっと、…………………)


















玄関まであと数歩………………ッ




















と、その時、























――――――ピンッ










「……ぇ?」













足元で何か糸が切れて、







「―――――――ひゃあああっ!!?」






―――ガラガラ!!ガッシャーン!!









[*前へ][次へ#]

12/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!