[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
二日目・食事






慈「でもでも〜今日は全然食べてないね〜



あッ!!もしかしてケーキの食べ過ぎでだいえっと、(ポカッ)



いって〜!!跡部痛いC〜」





跡「そのへんにしておけ、ジロー」








跡部は、ジローを小突いて黙らせると、



よもぎに向き直った







跡「草薙、お前もだ




食事は体の資本だ



きっちり食わねぇと明日1日乗り切れないぜ」







『あっ………、はい…』






跡「ほら、肉食え 肉!



俺様の分もやるよ、」





慈「E〜!!!跡部要らないんだったらオレ欲しい〜!!」





跡「だぁ〜から、ジロー お前は黙ってろ!!」





ブ「跡部!!肉要らないならオレがもらってやるよぃ!!」





跡「Σなんでテメーまで出てくんだ!!」















忍「(ボソッ)…………いっちゃん最初に草薙ちゃんと飯食おう言い出したんは、



実は跡部なんやで」








『え……っ?』







よもぎが驚いて忍足のほうを見ると、





忍足は一度ウィンクをして、




静かに食事に戻った
















『(………………どういう意味かな、)』












忍足の言ったことがわからず、






よもぎは今はブン太とジローと格闘している跡部の顔を盗み見た






[*前へ][次へ#]

14/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!