[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
二日目・食事







ブ「腹へったー!!



よもぎ、今日めし何だ?」






『あ……今日わたし当番じゃないので、わかんないです





ブ「ん?何だそっか、



んじゃー献立楽しみだな!!」







よもぎがブン太やジャッカルと話していると、



その脇を赤也がスッと通り過ぎた








『あ……っ キリちゃ、』




赤「………………」






よもぎの呼び掛けにも、
赤也は無言で去っていく














『………………………………』








鳳「あ………あのっ!!草薙さん!」







よもぎが赤也の背中を見つめていると、




不意に長太郎が話し掛けてきた








『あっ、鳳くん!さっきはごめんなさい、タオル…』






鳳「いえ!そんなの全然大丈夫です!!



それより、えっと……」







長太郎がその大きな身体を縮こませてもじもじする










『…………?どうかしましたか?』






鳳「え、えーと………///」



















「そんな誘い方じゃ甘いぜ、鳳



それじゃ女は落とせねーぞ」



















よく通る声がした



















鳳「あっ、跡部部長!」















跡部だ

















跡「幸村、真田 こいつ借りるぜ」









そう言うと跡部は、


















『わっ………!?』













ひょい、とよもぎを担ぎ上げ、





そのまま歩きだした













『あ、あのっ!?』






跡「草薙よもぎ」





『は、はい…っ!?』
















跡「たまには違う男とメシなんかどうだ?」








[*前へ][次へ#]

6/42ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!