[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
脱走計画





「……………はぁ〜」







よもぎは、自分の部屋のベッドの上で大きくため息をついた


















リビングのソファーでは


今頃エイシュンが眠っている














勿論、男を泊める気など更々なかった










しかし、よもぎは重大な弱みを握られてしまったのだ
















携帯と家の鍵を、盗られてしまったのである













どうやら、お茶の準備をしている間にやられたらしい












しかし気配も何もしなかった





一体どうやって…………






[*前へ][次へ#]

10/54ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!