[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
プロローグ




濃い緑色のブレザーに身を包んだ小さな女の子は、

一目散に入り口のほうへ向かっていっているようだった








というか、あの制服は確か……?










病院内で全力疾走という
通常なら見ることのない光景を目の当たりにしながら、


俺は自分の病室に戻った







丁度、看護師の人がシーツを取り換えているところだった


少し違和感があったのは、

部屋が
何か林檎のような、花の香りがしたことだ







「あら橘くん、検査お疲れ様

お見舞いに女の子が来てたわよ?」





「女子?杏…妹ではなくてですか?」




「えぇ、お名前も言わずに
これを橘くんに、って」




看護師さんがそれを取ると
一層華やかな匂いが強くなる










彼女が持っていたのは、―――――




prologue end.


[*前へ][次へ#]

3/31ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!