[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
時ハ金ナリ



「なんだよ?」



赤也がつられて窓の外を覗くも、


ホームはとっくに見えなくなっていた





「今ね、女の子が階段駆け下りてきてて、


その子がホームに着いた途端、扉しまっちゃったの」




ふーん、



と赤也が興味無さげに呟き、



座ろうぜ、


とよもぎを促した



[*前へ][次へ#]

2/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!