[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
立海の玉子様7
ジャッカルは時折店を覗きながらゆっくりとしたペースで歩いていた

「なーんか普通に寄り道してるだけって感じしないっスか?」

「でもこっちジャッカルん家じゃないぜ」

「あ、コンビニ入った」

ジャッカルに続いてコンビニに入る
すぐさま入り口近くの雑誌売り場に走り寄った

それぞれ同じ雑誌を並んで読んでいる姿は不自然そのものだった

防犯用の反射鏡で奥にいるジャッカルの様子を伺う
どうやら携帯に電話が来たようだ

「部活終わったのか?
ああ…じゃあ公園で待ってる」

「!! 今の聞いたっスか!?ぜってぇ彼女からだ!!」

「うわこっち来る!!」

慌てるよもぎたちだったが、ジャッカルは3人に気が付くことなくコンビニを出た

[*前へ][次へ#]

8/12ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!