触手連続絶頂|エロ小説|裏夢小説|官能小説
襲う快感は圧倒的



すでに美穂の身体はあらゆる液体によって濡れてしまっていた。


当然、脇や首筋など他の部位への愛撫も休まってはいない。


しかし、それを消し去ってしまうほどに秘処を襲う快感は圧倒的だった。


「だめだめだめだめぇぇっ!ま、また、またきちゃぅううっ!!あっあ゛あ゛ぁぁああぁぁあっ!!!」


自分の身体を制御しきれない。


次から次へと絶頂という名の快感の波が襲ってくる。


どんなに我慢しようと息をとめても、快感は次第に蓄積されていく。


「んっ、ぁっ!あ゛あぁぁあぁああぁっ!! は、はぁ、はぁあぁっ!」


身体を大きくびくつかせて美穂は絶頂を迎えた。


されている行為に反して、身体は歓喜している。


それだけではない。幸福感に包まれてもいた。


絶頂を迎えた後、責めが弱くなったとはいえ、長い間我慢できるものでもなかったからだ。


美穂は歯を食いしばって快感に抗う。


「うぐ…ん、ぐっ、あぁっ」


ただただ、歯を食いしばってそれに耐え続ける。


責めが再開された。


クリトリスは肥大化し、陰唇はぱくぱくと痙攣していた。


触手にとってより責めやすくなったといっても過言ではない。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!