[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 抱えていた膝を離して、その腰に巻きつ

けた。

 挿入が深くなってたまらず腰を密着さ

せ、その首に腕を回してしがみつきながら

その耳元に吐息と共に懇願を吐き出した。


「もう…ちゃんと動いてっ…」

「ッ…本当に…どこまで…」


 兄貴は息を乱しながら、呆れたように笑

って独り言のように呟く。


「わかりました。それならたっぷりとここ

 で僕を味わいなさい」

「あッ、はぁッ…!」


 俺の腰を抱えた兄貴は、その言葉通りに

腰を打ちつけてきた。

 それまでの停滞など嘘のように、体内を

いっぱいにするもので弱いポイントを狙い

すまして抉るように貫いてくる。

 その度に打ち震えて兄貴の猛りを滑る窄

まりでギュウギュウと締め付けた。

 兄貴に揺さぶられて歓喜する体は、もう

何も出すものなどないと思っていたそこか

ら先走りを零して揺れる。

 もう言い訳などどうでもいいくらい気持

ちよくて、俺は喉が震えるまま腰が揺れる

ままにその快楽を貪った。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!