[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「兄貴っ…」

「なんですか?」


 それでも動かない兄貴の下半身に焦れる

心が勝った。


 今…今、だけ…

 ほんの少し、だけ…


 言葉の代わりに腰を揺すった。

 繋がった部分から濡れた音が響く。

 ぬめりの助けを借りて滑らかに動く腰を

揺らし、もう動いてほしいと締め付ける。


「ッ…!

 駆、言わないと分かりませんよ?」


 体内をいっぱいにしている兄貴の猛り

が、さらに一回り質量を増した。

 それなのに、ここまでしても兄貴はまだ

足りないと俺を見下ろしてきた。


「兄貴っ…」


 あまりにも恥ずかしい意地悪に泣きそう

な声が出る。

 しかし焦らせば引き出せると悟ったらし

い兄貴のほうが有利で、申し訳ない程度に

腰を揺すられ弱いポイントを擦られるとそ

れだけで体が歓喜して兄貴の熱を締め付け

てしまう。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!