[携帯モード] [URL送信]

待ち焦がれた季節は、春。
『卒業祝いは何がいい?
何でもってわけにゃいかないが、好きな物買ってやるぞ』
ポケットに手を突っ込み、へらり笑いながら言う。

その言葉はあまりにも突然だったので、少女は目を丸くした。
『へ?あの…え?』
聞き返し、挙動不審。
落ち着きなく辺りに視線を彷徨わせて。きっと今、頭の中では欲しい物リストを順にめくっているところだろう。

その様子を見ながら、目を細めた。
自分の薄給を知っているので、無理難題は吹っ掛けて来ないだろうと予想して。
少女が言って来るであろうささやかなものよりは、多少奮発したプレゼントを用意していたり、する。
ポケットの中には、可愛くラッピングされた小箱。
『日…『マグカップ!!』
呼ぼうとした声は、掻き消された。
叫んだ彼女はすこぶる上機嫌。
『好きな物買ってくれるんですよね。じゃあマグカップで!!』
『…お前さん安上がりだなぁ』
右手を少女の頭の上に置き、ぽんぽんと軽く叩いた。
左手はまだポケットの中。
『安上がりでいいんですよーだ。脱☆客用カップ』
眩瞑しそうになった。
自分よりも、よっぽどこの少女の方が地に足ついている。


でも、まぁいいさ。
マグカップと一緒に渡してしまおうか。
誕生石の はまった小さな…指輪。



『あ、合い鍵も下さい』
何処までも、彼女の方が上手。



topへ



[管理]

無料HPエムペ!