[携帯モード] [URL送信]
好きだと言われた、泣きはらした目で言われた、死にそうに青い顔で言われた、掴まれた腕に爪が食い込んだ、身体が冷えていた、好きだと繰り返された。

「――血迷ったアルカ?」
「全くもってその通りですねィ」
「わたしの一番は、銀ちゃんアル」
「…識ってらァ、そんなこと」

雨の痕が残る公園は黒い雲の下。本当は何も聞きたくなかった、だから黒い服の銀ちゃんを赤い服で送り出したのに、どうしてこんな不細工な顔と向き合わなきゃいけないの、不愉快だからさっさと消えてよ。

「それでも好きだ」

なんて、似合わない台詞。笑って仕舞う程殊勝が過ぎて、らしくない。あっちに行け、ばか。願う私とは裏腹に詰まる距離は、思考ごと呼吸を奪って。

頬に落ちた水の玉を、生まれて初めての感情でいとしいと思った。







071229


似合わねーヨ。
声にもならなかった。



*ブラウザバックでお戻り下さい*


[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!