[携帯モード] [URL送信]
お前がこれ以上恐がらないように。

そう言って頭を撫でたあの人の存在一つがこころに残っている。実際を言うと顔はあまり覚えていない。薄情?ううんだって覚えておくには余りに悲し過ぎたから。背中の広さはきっと今の私と同じくらい。最後に見た彼はとても赤かった、昇る太陽のように。

「――かぐら」

ビクリと身体が揺れて、落ちるような錯覚と共に目が覚める。
銀ちゃんの眉間が険しくなっていたのは、押し入れの襖を私の足が貫通していたから、…だと思ったけど、どうやら違ったらしい。
わたしの知らない内に勝手に眦から零れ落ちて、無遠慮に頬を濡らす液体を拭ってくれる指が殊更に優しかったの、きっと心配を掛けた。

「うなされてた?」
「ああ、地震かと思うくらいにな」

意地悪く笑う貴方が愛しい、のに。

わたしの血が騒ぐのよ、予感にも似た衝動が伝えるの、そろそろおしまいだって。ゆっくりゆっくり、わたしを絡めとる赤い糸。この世界にはどうしようも無いことがあるって知ってた?世界は二者を選べない、だから行かなきゃ。わたしは彼の人の世界にならなきゃいけないの。





080408


*ブラウザバックでお戻り下さい*


[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!