[携帯モード] [URL送信]

甘利山倶楽部概要



活動目的:
甘利山における動植物の保護・保全のボランティア活動

活動内容:
春・秋の草刈り
観察会(例:春の草花、水辺の生態、夏の星空、秋の樹木、冬の野鳥)
講演会など

活動資金:
クラブ員の会費、一般からの寄付金、県からの助成金、ノラやまなし助成金、フィールドマップや巣箱オーナーからの収益金など

人事構成:
<会 長>
清水 一

<副会長>  
秋山 泉
守屋 喜彦
小林 兵武

<会 計>  
石井 利夫

<顧 問>  
山寺 仁太郎
小林 三郎
横森 義隆

<事務局>  
小林 美珠
中沢 賢一郎
斉藤 雪子
小田切 正成
深野 勇二
石渡 望
松井 和之


甘利山倶楽部 会則


第1条(名 称)
この会は、「甘利山倶楽部」(以下は「倶楽部」)と称する。
なお、ここでいう甘利山とは、甘利山とその周辺の地域を指す。

第2条(目 的)
倶楽部は、甘利山の自然を次の世代に確実に譲り渡すために、自然保護のあり方を探究し、人と自然のかかわりを育むことを目的とする。

第3条(組 織)
倶楽部は第2条の目的に賛同する人たちで組織する。

第4条(活 動)
倶楽部は第2条の目的達成のために、次の活動を行う。
1. 人と自然とのかかわりに関する調査
 (自然環境調査、古老への聞き取り調査、文献研究など)
2. 環境教育の実践
 (自然観察会の開催、自然教室の開催、シンポジウムや講演会の開催など)
3. ボランティアによる保護活動
 (レンゲツツジ、スズラン、その他の保護、遊歩道の整備、草刈り、ごみ拾いなど)
4. 情報交換および情報発信
 (会報の発行、ホームページの開設、メールマガジンの発信など)
5. その他、目的を達成するために必要な活動 

第5条(役 員)
倶楽部に次の役員を置く。役員の任期は2年とするが、再任を妨げない。
1. 会 長 1名 
2. 副会長 若干名
3. 事務局 2〜3名
4. 会 計 1名 

第6条(役員の選出)
役員は、総会において選出する。

第7条(会 長 の 選 出)
会長は役員の中から互選し、総会において承認する。

第8条(顧 問の 選 出)
顧問は、役員の総意で選出し総会において承認する。

第9条(役 員 の 職 務)
1. 役員は、倶楽部の運営にあたる。
2. 会長は倶楽部を代表し、会を統括する。
3. 顧問は倶楽部の運営に対して適切な助言と支援を与える。

第10条(総 会)
1. 総会は会の組織や運営を決める最高議決機関である。会長が召集する。
  議案は出席人数の過半数の賛成をもって可決される。
2. 会の運営上、緊急を要するときは、役員が専決し後日総会で報告する。

第11条(定例協議会)
定例協議会は会長が召集し、出席した役員、会員及び役員の認める者の報告、協議を行う。
毎月最終火曜日の午後7時30分から旭町山口つつじ苑連絡所にて行う。

第12条(事 務 局)
旭町山口つつじ苑連絡所に置く。

第13条(運  営)
倶楽部の運営経費には受託金、寄付金、助成金およびその他収入を充てる。

第14条(補  則)
この会則に定めるものの他、倶楽部の運営に関して必要な事項は、役員会または総会を経て、会長が定めるものとする。




トップページへ





[グループ][ナビ]
[HPリング]
[管理]

無料HPエムペ!