[携帯モード] [URL送信]
到来-日吉若-

「だからさ、あれだよ。うん、あれ」

「何ですか」


ソファにどかっと腰を掛けた目の前の無愛想な後輩くんには、どんな誤魔化しも効かないみたい。私の瞳を射貫くような視線は、いつにも増して鋭い。まったく、どうしたらそんなに眼光になるのよ。

昨日は、ちょたくんとCDショップに行った。でもそれは、別にデートとかじゃなくて。たまたま私が好きなアーティストを最近ちょたくんが好きになったと聞いて、私のオススメを教えてあげただけだ。本当に、ただそれだけ。
それが、この後輩もとい彼氏は気に入らないらしい。ちょたくんは、そんなんじゃないのに。


「えーと、じゃあ例えばね、ここにそれはそれは可愛いわんちゃんがいるとします」

「はぁ」

「その子に、じーっと見つめられてみな?何があっても断るなんて不可能なのさ!」

「……」

「その理論で、あのときは、心の柔らかい部分を刺激されてですね…」

「意味が分かりません」


私の言い訳を躊躇いもなく一蹴した。
若も一度くらってみるといい。ちょたくんのあの瞳は本当にすごい威力なんだから!なんて、鋭い視線を前にしては当て付けみたいだから言えないけど。


「何よー、いっちょまえにやきもち?」

「そうですけど何か」




「……」

「……」

「…ぶえっ!?」


え、今、…えっ!!?信じられない言葉を聞いた気がしたけど……えっ!?


「妬いたんです」

「え、ちょ、なんで、素直…!?」


きっと、「寝言は寝て言ってください」みたいな言葉が返ってくると予想していたんだろう、数秒前の私は。しかし、帰ってきたのは真逆の言葉で。からかってみたものの、いざ素直に認められるとこっちが照れる。いや、嬉しいんだけどね!やきもちを表に出してくれるのは初めてだから!


「そりゃ、誰だって嫌だと思います。付き合ってる人が他の男と歩いていたら」


それが例え鳳でもですね……と、素直に紡がれる若の胸中を聞いて、熱が顔に集まる。ちょたくんと出掛けてしまったことに対する謝罪は、予想外な若の行動ですっかり頭の隅に追いやられた。と、同時に沸き上がる熱い何か。
これは、あれだ、母性本能をくすぐらてるんだ。ちょっと赤い顔とか、時折見せる私の表情を伺うような上目遣いとかに。


「あーもう可愛い!今の若はちょたくんより可愛いよ!」


我慢できなくなって、頭を抱えるように抱きつけば、ゆっくりと背中に腕を回してきたり。髪をすくように頭を撫でれば腕の力が強くなったり。


「……ゆま先輩。もう、他のやつと出掛けないでください」


極めつけにそんなことを呟かれて、私の心は完全に撃ち抜かれた。

[*前へ]

14/14ページ

[戻る]


無料HPエムペ!